電話占い当たるの?という疑問にお応えします!電話占いのランキングや評判、口コミ情報をご案内。当たる電話占いと出会ったことはありますか?管理人は電話占いの口コミを元に本当に当たる占い師を探してきました。タロット、霊感、霊視、星座占い、西洋占星術、手相、様々な占いがありますが、当たる占い師はごく僅か!電話占いランキングで本当に当たる占い師を探し、電話占いを活用して下さい!

三式(奇門遁甲,太乙神数,六壬神課)

 

三式(奇門遁甲,太乙神数,六壬神課)

三式とは、奇門遁甲と太乙神数と六壬神課の3つの占い方法をあわせたものをいいます。
三式は、天人地すべてを占える術として古くから伝えられてきています。
それぞれの占いについては次の通りになります。

■太乙神数

 太乙神数は天を表していて、中国占術の中では六壬神課、奇門遁甲と並ぶ、重要な卜占のことです。 古い時代の惑星直列の時に基点を置いた遠大な暦から国家規模の大きな運命の予想をするための占いになります。

■六壬神課 (りくじんしんか)

 六壬神課(単に「六壬」と呼ばれることもある)は、六壬神課は人を表している占いで、およそ2000年前の中国で成立した占術のことです。時刻を元に天文と干支術を組み合わせて占います。六壬の特徴は、自分と相手、自分と物といった二者関係においてその関係の吉凶象意、起こるであろう事態の帰趨を細かく占うことができるところにあります。六壬神課では、天地盤、四課三伝からこういった事柄を占っていきますが、天地盤や四課三伝を作成する手続きは非常に複雑なんだそうです。

■奇門遁甲

 奇門遁甲とは地を表している占いのことです。年月日時により刻々と変わるその時の方位の吉凶を調べる、強力な方位学のこと。流派によってその様相はかなり異なっていますが、基本的には何種類かの方位盤(遁甲盤という)を重ねて、移動方向の吉凶判断を行う(簡単に言ってしまえば移転や旅行に使用して吉運を得るための占いの方法)。諸葛孔明が使ったという伝説もある。奇門遁甲は、一般的に開運のための方位術とか風水に対して「動の方位術」とも言われています。また、方位以外にも広く雑占として用いられています。もっとも・・・雑占のほうがポピュラーなんだとか・・・